自分で行う近点の調べ方

メガネ

ピントが合う距離を測る

いわゆる中年と呼ばれる年齢になってくると、主に小さい文字が見ずらくなったり、近くのものから遠くのものを見ようとするとなかなかピントが合わなくなってきます。これらの症状は老眼と呼ばれるもので、医学的には加齢によってピントを変えるための水晶体の弾力が失われたこととピントを合わせるために使用する筋肉の毛様体筋が衰えることが原因で起こります。正確に老眼の進行度合いを知るためには、眼科で検診をしてもらう必要がありますが、自分でもできる簡単な老眼チェックの方法があります。老眼の症状で最も早く気が付くのが手前のものが見えにくくなることなので、どこまで近いものがはっきりと見えるかチェックしてみます。どのような方法でチェックするかというと、目の前に人差し指をおき、遠くから徐々に目に近づけていきます。人差し指の指紋がはっきり見える距離を測ってください。その距離が最も近くでピントがあう近点といいます。この老眼チェックで近点が年齢が40代で30cm以上ある場合には老眼が進行していて老眼鏡が必要となります。老眼鏡が必要だと感じるのは個人差があるので、このチェックはあくまでも目安として使ってください。もともと近視を持っている人でも老眼鏡が必要なことがあります。今まで使っていた眼鏡を使うとはっきりと細かな文字が見えにくくなってきます。老眼鏡を使うことも一つの手段としてありますが、近視用の眼鏡を弱めにして作ることによって、細かい文字を快適な距離で見られるようになります。