目の健康について

中年女性

近くの物がぼやけます

人は高齢化すると、近くの対象物が見えにくい状態になります。老眼は遺伝や環境によって発症する年齢が異なりますが、統計的には40代以降が多いです。老眼をチェックする場合は、眼科で調べる事をお勧めします。その理由は、自己判断でチェックすると、老眼の認識が甘くなり、進行が進んでから老眼鏡を購入する事になるからです。そして老眼のチェック方法は、近くの対象物を徐々に遠くに離していき、一番ピントが合う距離でチェックします。対象物を近くで見ると、ぼやけてしまう場合は老眼の可能性が高くなります。もっとも乱視の場合があるため、医師にしっかりと相談しましょう。老眼予防として、ブルーベリーの摂取が挙げられます。ブルーベリーは目の栄養素が高い食品のために、継続して摂取する事がポイントです。ただし、一度に大量に摂取すると糖分が多くなるため、適量を食べる事が大事です。老眼をチェックする方法として、文庫本を読んで、句読点などの小さな文字が読めるかをチェックします。この時に、大きな文字は読めるけれど、小さな文字が全く読めない場合は老眼の可能性が高いです。老眼鏡を選ぶ場合は、親切に眼鏡の説明をしてくれる眼鏡店で購入すると安心です。また眼鏡は年数によってフレームが脆くなるために、アフターケアが充実している眼鏡店を選ぶ事をお勧めです。見えにくい状態で眼鏡をかけずに我慢すると、偏頭痛や吐き気の要因になるために注意をしましょう。