いつでも簡単に確認できる

中年女性

こんな人は眼科へいこう

年をとればだれでも髪の毛は白髪が生えてきますし、髪の毛も薄くなる人は多いです。そして、40歳ぐらいになると急増するのが老眼です。これは今の医学の世界でも避けて通ることはできないものです。誰でも簡単に老眼かどうかチェックする方法があります。このチェック方法を行えば、どこにいても誰でも簡単に自分が老眼なのかどうかがわかります。もちろん、最終的には眼科に足を運んでチェックしてもらうことが大切ですが、まずは自分で老眼チェックが行えるので試してみると良いです。方法はとても簡単で、人差し指の腹を自分の方へ向けて目の前にかざすところからスタートします。そして少しずつ指を遠ざけていき、どこで人差し指の指紋がきちんと見えるようになるかを確認しましょう。きちんと見えるようになったところの位置で老眼なのかどうかがわかります。そして、ピントがあった距離が30センチをこえている場合は老眼の可能性がかなり高いので、眼科で確認してもらいましょう。老眼になったからといって、眼科に行けば治るものではありません。これからどうやって老眼と向き合っていくのが良いかを確認することが大切です。老眼の場合は、自分にあった眼鏡を作るのがおすすめです。いつも着けている眼鏡とは違って、小さい文字を見る時にだけ使用します。自分が不便な時に使うだけで済みますので、老眼になってしまったからといって、生活に大きな影響を与えるものではありません。