中年女性

目の健康について

老眼のチェック方法は、文庫本を読んで句読点など小さな文字が読みにくいか否かで判断する方法があります。老眼のチェックは眼科を利用するのが安心です。また眼鏡はフレームが脆くなる可能性があるため、アフターケアが充実している眼鏡店を選択しましょう。

詳しく見る

女性

早めに症状を把握する

年齢を重ねると、近くの物が見にくい老眼になってきます。その初期症状は、近くの小さな字が読みづらくなることでしょう。老化現象が気になってきたら、老眼かチェックしてみるといいです。早めに把握することで老眼への対策を行うことができますよ。

詳しく見る

笑顔の女性

対策法を知っておこう

目が見えにくくなってきた、と言う方は一度老眼のチェックをしておく事をお勧めします。老眼は予防トレーニングや生活習慣、食生活を改善させる事で進行を遅らせる事が可能です。不安な方は眼科を受診して、一度見てもらうと良いでしょう。

詳しく見る

メガネ

自分で行う近点の調べ方

老眼を自分でチェックする方法は、目の前に人差し指をかかげて、指紋がはっきりとみられる最短距離の近点を調べることでわかります。近点が30cm以上あれば老眼鏡が必要とされ、もともと近眼の人が快適に細かい字を見る場合は弱い近視用眼鏡を使う方法があります。

詳しく見る

中年女性

いつでも簡単に確認できる

年と共に現れる症状として老眼があり、避けることのできないものです。40前後の人は自分が老眼になっているのか簡単にチェックしておきましょう。自分の手の指さえあれば簡単にどこにいてもチェックできます。そして、老眼かなと思ったら眼科に行って今後どう向き合っていくべきなのかを相談しましょう。

詳しく見る

あれっと思ったら

メガネ

慌てず冷静に

男女を問わず、人は40歳を超えたあたりから徐々に近くの物がぼやけて見えにくくなります。これは老眼の症状を意味していて、60代まで進行していきます。人間の目は、水晶体と毛様体筋を使ってピントを合わせております。しかし、加齢とともに水晶体は衰えていき、毛様体筋も固くなっていく為、的確なピント調節が難しくなっていきます。この衰えていく症状を、一般的に老眼と呼んでおります。老眼になったかどうかを確認するには、いくつかのチェック項目を試してみると良いです。ここでは、一般的に行われる老眼チェック項目を列挙してみます。まず一つ目のチェック項目は、本や新聞を読む時に目から約30センチ以上離さないと読むことが出来ないか、確認する事です。続いて二つ目のチェック項目は、やや暗い場所へ移動した時に目がかすんでぼやける様な症状を感じるか、確認する事です。もし老眼でないならば、薄暗い場所でもスムーズにピントが合うことでしょう。そして三つ目のチェック項目は、本を読んだ後に頭痛や肩こりが起こりやすくなっているか、確認する事です。このチェック項目は、人によって感じ方が異なりますが、老眼が進んだ人ほど、起こりやすくなっております。老眼になった場合は、老眼の原因である毛様体筋の衰えを改善させる運動を行う事が良いです。具体的には、目を閉じたり開いたりぐるっと1周させる事です。これにより、毛様体筋が柔軟になり、ピントが合わせやすくなります。